若者は選挙に行かないせいで4000万円損をしてる!?

若者は選挙に行かないせいで4000万円損をしてる!?

2009.08.07 06:35 by mio [ 1,800 views ]

Category :

若者は選挙に行かないせいで4000万円損をしてる

この本、面白かったです。4000万円損しているかどうか、損なのかどうか、よく分かりませんが、日本の民主主義の仕組みや、国会議員、官僚、特別利益団体、有権者の4者の関係がどういうものなのか、なぜ有権者は政治に関して無知なのか、ということが書かれていた。

賢い人ほど選挙に行かない「合理的棄権説」や、賢い人ほど政治に無関心であるという「合理的無知説」など、面白かった。

1票の重さは大したことないし、そんなことのために選挙行ってもしょうがないとか、数年に一度しかない選挙のために政治に関する膨大な知識を習得するより、仕事に関する知識の習得に時間を割いた方が良いとか、そういう判断だ。多かれ少なかれ、それは当たっていると思う。

ただ、それでも選挙に行った方が良いんだと筆者が言うのは、選挙に行かないと、その人の存在、考えが国会議員に無視されるからだという。国会議員は国民のために法律を作ったり変えたりするというのが建前だが、実際は自分に投票してくれる人のために働いている。だから、投票に行かないという時点で、その人は無視される。確かに、1票の重さは数十万票のうちの1票だったり、とても軽いけれど、それでも、俺たちは見てるぞ!というアピールはした方がいいということ。


世代別の投票率

(2005年選挙、総務省調べ)

総務省の調査によると、若い世代(20代)の投票率は30%台らしく、60代の半分程度。異様に低いですね。こんな状態では、立候補者が若者を無視するのも仕方ないかもしれない。候補者的には、「だって若い人、投票すらしてくれないもん。」という感じですね。

ところで、民主党、自民党ともに、すごい子育て支援の政策を立てているけど、あんなことして国の借金は増えないのだろうか、と、とても疑問です。貰えるものは貰うんだろうけど、別に借金してお金貰ってもしょうがない気がする。借金して子育てして、その子供がその借金を返済に苦しむというのは、変だよね。そうはならないと政治家は言うけど、生まれた瞬間に600万円の借金を背負ってくる日本の子供にこれ以上の借金を負わせないようにできないものなんだろうか。

ちなみに、筆者は、自民党は長い間政権を担当しすぎで特別利益団体と癒着しまくりだし、首相を変えすぎで官僚からも上手いようにやられっぱなしだから、一回政権交代した方が良いんだと書かれていました。

あと、マニフェストなんて実行されるかどうかわからないから、あんまり見なくて良いと書いあったのが面白かった。それよりも前回出したマニフェストがどの程度実行されたのかを見た方が良いとのこと。自民党的には、マニフェストで未達成(未着手?)はナシ!との自己評価らしい。確か、「実行中」とか「進行中」という項目が大量にあったように思う。

今度の選挙で、どこの誰に投票するか、どの党に投票するか、悩ましいけど、とりあえず投票には行こうと思います。幸福実現党以外に投票します。

コメントはまだありません ↓ Leav your comment !

コメントどうぞ!